2012年2月13日月曜日

図案を絹地に写す時に便利な「ライトテーブル」


自分で好きな図案を描いて日本刺繍を制作するためは、図案を絹地に写す必要がありますが、図案を写す時にこれがあると非常に便利です。
その昔ライトテーブルができるまでは、ガラス板を渡して、下からライトを当てて図案を絹地に写していたので、転写の作業は大変でした。今は、軽くて持ち運びもできる、格段に明るいLEDのライトテーブルがあるので、図案の転写作業がとても楽になりました。
LEDは熱を持たず転写板が熱くならないため、長時間作業をすることが可能です。自分で日本刺繍の図案を描く場合は、これは必需品ですね。
ライトテーブルは色々あるのですが、面の端まで 平らで、明かりが端の部分まできちんとつくものが使いやすいです。私が愛用している上の写真のライトテーブルは、柏の画材店「いしど画材」のオリジナルのライトテーブルです。