2014年12月21日日曜日

絵画を模写する時の同一性保持権

  日本刺繍で浮世絵などの絵画作品を模写する場合の著作権について、以前セミナーに参加して勉強した内容を、ブログ゛ 絵画、浮世絵を日本刺繍で模繍する際の著作権について  」にまとめました。

 法律の専門家ではないので、色々勉強して注意しないとならないと思い、その後も時々著作権のお話を伺ったり、本を読んだりしていました。そうすると「同一性保持権(著作者人格権)」にも注意しないとならないそうです。

 著作権の切れた絵画などの作品でも、「同一性保持権」という権利は消滅しないそうで、これは著作権法60条で定められており、著作権消滅後も絵画に勝手に改変を加えてはいけないそうです。

 日本刺繍では、絵画を模写しても技術的に絹糸と絹地では、絵画と完全には同じにできない場合があります。ですが、著作権法60条に「その行為の性質及び程度、社会的事情の変動その他によりその行為が当該著作者の意を害しないと認められる場合は、この限りでない。」という規定があります。これに沿って構図を変えずに技術的に可能な限り忠実に模写して、改変にあたらないように注意して作品を作らなければならないようです。

  逆に改変した内容が、芸術性、創作性を伴う内容であれば、二次著作物と認められるそうです。
 ですが、創作性がないような線を増やしたり、減らしたり、位置を多少移動したりして構図を変えることは、程度によりますが、同一性保持権違反(著作者人格権違反)になってしまいます。
ましてそのような創作性がないような変更で、二次著作権を主張したりすると法律違反行為になってしまう可能性大のようです。

  このあたりは裁判の判例が色々あり、上記の理解とあっているようですが、正確にはもちろん専門家にお聞きしなければなりません。 

日本 刺繍作品のデザインをするうえで、絵画の模写は著作権に注意しないとなりませんね。
日々勉強です。


著作権法60条:
「著作物を公衆に提供し、又は提示する者は、その著作物の著作者が存しなくなった後においても、著作者が存しているとしたならばその著作者人格権の侵害となるべき行為をしてはならない。ただし、その行為の性質及び程度、社会的事情の変動その他によりその行為が当該著作者の意を害しないと認められる場合は、この限りでない。」

2014年12月13日土曜日

ティム・バートンの世界

ティム・バートンの映画が好きです!
六本木ヒルズ・森アーツ・ギャラリーで、11月1日(土)〜2015年1月4日(日)の期間、「ティム・バートンの世界」展を開催しています。

ティム・バートンは年中アイデア・スケッチを描いているそうですが、大量のアイデア・スケッチや、油絵、写真、映画に出てくる立体のフィギュア、昔の未公開の小作品の映像などを展示していました。思っていたより、ずっと多くの作品が展示されていて量的にも充実していました。
日本初公開だそうです。

「ナイトメア・ビフォ・クリスマス」や「コープス・ブライド」などのクレイ・アニメのフィギュアは中でも好きな作品です。ティム・バートンが最初にディズニーで働いていた頃の、昔のクレイ・アニメの映像も楽しめました。

ティム・バートンの映画中の音楽のコンサートも8月にあったのですが、それも楽しんできました。

ティム・バートン好きにはたまらない展覧会です!

ティム・バートン展チケット

赤と緑のコントラスト:クリスマスと、秋の京都の紅葉と苔


  久しぶりに六本木に出て、ティム・バートン展を見てきました。
 街はクリスマスのディスプレイであふれて、西洋的な赤と緑のコントラストが一杯です。
でも、日本にも素敵な赤と緑のコントラストがあります。私にとっては秋の京都の風景です。

 京都の紅葉のシーズンは過ぎてしまいましたが、私はとっては嵯峨野の常寂光寺の一面の緑色の苔の上に落ちた鮮やかな紅葉の風景を印象的でした。
葉が落ち始めた紅い葉だけの時が特に美しいです。ああ日本の秋だなあ、としみじみ感じます。

 赤と緑は反対色と言われますが、色彩の勉強で最初の頃に出てきます。
同じ赤と緑でも 、色の鮮やかさ(彩度)や明るさ(明度)の差で趣が違ってきます。
西洋の冬の柊の赤い実と葉は、日本の秋の紅葉と緑苔と自然の織り成す趣に差があって面白いです。

反対色の説明 (星工房の「色の選び方」のページ)

常寂光寺ホームページ


常寂光寺ホームページ・「庫裏前の庭石に生えるモミジ」を転載

2014年12月12日金曜日

絵画好きのあなたは、きっと楽しめる! - 「101人の画家」

笑いながら読める楽しい画家解説の本です。「101人の画家」

高校の美術の授業、美大で美術史を学んだ時に、こんなイラスト満載の本があればもっと楽しかったんだろうな、と思わずにはいわれない、101人の画家の人生のストーリーマンガです。

あの画家って変人だと思っていたけれど、こんなに凄い変人だったの!?! とか、恋をしたり、離婚したり、大成功したり、評価を得られずに失意の底にいたり、それぞれに人生のアップダウンがあります。そのアップダウンごとに作品が生まれていて、ああ、あの絵はこういう時に作られたんだ、というのがその画家の人生や人間らしい感情とともに納得してしまいました。

凄い芸術家は、凄い人生送っているんですねぇ、ホントに。

美術展 に行く前に、その作者のページを読んでから行きたくなる一冊です。

ISBN978-4-88108-225-6
ワイド版 101人の画家―生きてることが101倍楽しくなる
出版社: 視覚デザイン研究所; ワイド版 (2011/05)

「101人の画家」カバー表紙

解説のために時々熊が出てきます。この熊にはまってしまいました。
本に出てくる解説のクマ

2014年12月6日土曜日

新収資料の公開 -江戸の小袖 - 千葉県佐倉市・ 国立歴史民俗博物館にて

千葉県佐倉市・ 国立歴史民俗博物館で、12月9日(火)〜1月18日(日)に「『もの』から見る近世 - 新収資料の公開 -江戸の小袖」が開催されています。

去年寄贈された「林あや染織コレクション」の、初めての一般公開です。
大規模な近世・近代の染織コレクションで、今回は江戸時代の小袖を中心にしたものです。
「浜松模様振袖」など珍しい素晴らしい作品が見られるそうなので、楽しみです。


国立家歴史民俗博物館のホームページ

浜松模様振袖(国立歴史民俗博物館HPより)
   
花束団扇模様振袖(国立歴史民俗博物館HPより)

2014年12月5日金曜日

「ヒカリ展」 光るシルク

東京上野「国立科学博物館」でヒカリ展を2月22日(日)まで開催しています。

ヒカリ展は、「宇宙と光」「地球と光」「人と光」をキーワードに、美しい光の世界を紹介する展覧会なのですが、私の注目しているのは、これです!!!!
◆カイコの「光る繭」で装飾したクリスマスツリー!
◆光る繭から紡いだ 「光るシルク」で作った十二単風舞台衣装!

蛍光タンパク質を組み込んだ蚕なのだそうですが、光るシルクとして見られるなんて、素敵です。
とても楽しみです!

ヒカリ展のホームページはこちらです。

写真原典: ひかり展「十二単風部隊衣装」オワンクラゲやサンゴ類の蛍光タンパク質を組み込んだ

人生の節目に半襟を送る

今年も年末が近くなり、すぐに成人式の時期ですね。

生徒さんが、知り合いの娘さんの成人式ために、半襟を仕事をするかたわら、制作されていましたが、ついに完成しました! 振袖の華やかな色に合わせて、華やかな半襟になりました。

生徒さんはフルタイムの仕事に追われながらの刺繍制作でしたが、限られた時間の中で、一生に一度のお祝いの場を、刺繍でお祝いしたいということで頑張って作られた作品です。

誰かに送るために作った半襟は、縫い終わった時点で完成ではなく、お送りする形にセットして完成です。
この作品は桐箱に入れて、風呂敷に入れて完成です。桐箱を包むのは、どんな素敵な紙のラッピングよりも、風呂敷に包むのが似合っていると思います。

誰かに送るために心を込めて縫った日本刺繍、きっと喜んでもらえることでしょう。
刺繍をご指導することで、そんな喜びを送るお手伝いができれば、と思います。





2014年12月3日水曜日

作品の制作期限を設けない事と、作品を完成させる喜び

私の日本刺繍教室では、作品の制作期限を設けていません。
生徒さんが作品を完成するまでご指導することにしています。

沢山の生徒さんの中にはご家族が病気をしたり、仕事が本当に忙しかったり、それぞれ皆さんご都合があります。刺繍制作期限に間に合わず、完成しない中途半端な作品を溜めたまま次の作品に取り掛かるような事はして欲しくないと思います。

少しづつゆっくりでも、皆さんが作品を一つ一つ完成するまでお付き合いしたいと思います。

「できた!」という完成の喜びを、皆さんが感じてもらいたいと思います。

2014年11月30日日曜日

自分で選ぶ糸の色から、かけがえのない作品が育ちます

新しい日本刺繍作品を作る時に、糸の色選びをするのは生徒さんにとって難しくも楽しい作業です。
刺繍の技法は「ここは、こういう技法で縫いましょう」と、私がお伝えすることが多いですが、色に関しては、私が色を提案するのではなく、必ず生徒さんに選んでもらいます。

とはいっても、最初はなかなか自分で色を決められません。そういう時は、生徒さんに白黒の図案を見てもらって、生徒さんが思う色や好きな色をまずお聞きします。

たとえば「松竹梅」を刺繍する時に、「梅の花」と聞いたらどんな色の梅の花を想像しますか?
真っ赤な梅?  夜に浮かぶ真っ白な梅?  かんざしになるような可愛いピンクの梅?
本当に人それぞれです。そこから、色選びが始まります。

その色に合わせて竹や松の色を話し合いながら決めていきます。
真っ赤な梅を選んだら、それに負けない強い松の色になります。
ピンクの梅を選んだら、コントラストの強い色を選んでしまうと調和がとれなくなってしまうので、抑えた色の松になります。

既成概念に囚われた色が嫌だと思われる方もいます。
赤とピンクの濃淡だけでまとめたいという方もいます。青磁の陶器の図柄のように青だけでまとめたいという方もいます。それは専門的なカラーコーディネートが必要なので、話し合いをしつつアドバイスをしながらまとめていきます。

これが色選びの難しさでもありますし、楽しさでもあります。

悩みながら考えて色を選んだ作品は、個性が出ますし、本人にとって思い入れが溢れた作品は、かけがいのない作品になります。

松竹梅の作品例写真


松竹梅の図案(着色をしたもの)
 

アメリカの方が一日刺繍体験教室参加されて

先日アメリカから来日された方が一日体験教室に参加されました。

フランス刺繍やキルト刺繍をされている方で、以前来日された時に日本刺繍をご覧になり、非常に興味を持たれたそうです。
今回来日されて、日本刺繍を学んでみたいという事で一日体験教室にご参加頂きました。

ご友人の日本人の方も一緒に刺繍しながら英語の通訳をして頂きました。

刺繍の作業は片言の英語で一応は説明をしたり絵を描いたりして何とか通じるのですけれど、
説明しきれない蚕の糸の取り方なのど難しい内容は通訳の方に説明して頂きました。

糸を縒って自分で糸を作ることや、両手で刺すという事に驚いていらっしゃいました。それは日本人でもどこの国にの方にとっても、驚かれる日本刺繍独特な作り方ですね。

でも、一度糸ができるとフランス刺繍と技法は似ているところも多いです。
例えば、 さがら縫いはフランス刺繍では「フレンチナッツ」にあたります。

金糸は糸に通して縫うわけではなく、金糸駒取りで布の表の金糸を留めるので、この技術が独特で面白いと言われていました。

非常に有意義だったと言って頂いて良かったです。



2014年9月13日土曜日

「私の針仕事展」に作品展示します

「私の針仕事展」に、日本刺繍を施したお針箱を出品することになりました。
プロジェクト・ユイ が主催している展覧会で、練馬駅前のGallery Domaで開催されます。
以前渋谷BUNKAMURAに出品した お針箱に目をとめて頂いて、御縁あって展示
させて頂くことになりました。


プロジェクト・ユイの針仕事展の案内 はこちらです。

【場所】
Gallery Doma
西武池袋線、都営大江戸線、地下鉄有楽町線「練馬」駅より徒歩1分
地図

【開催日時】
9月16日~9月21日
11:00~19:00

プロジェクト・ユイの案内より







2014年8月17日日曜日

能面と能装束

 三井記念美術館で7月24日(木)から9月21日(日)まで、「能面と能装束」の展覧会が開催されており、先日見てきました。
能に欠かせない伝統ある沢山の能面と能装束を展示しつつ、わかりやすく解説していました。
 日本刺繍の制作をする私としては、絢爛たる日本刺繍の施された能装束に見とれてしまいました。特に装束一面に余すところなく刺繍を施した作品は圧巻です。
一般的な着物とは違う、能装束ならではの面白いモチーフのデザイン、思い切ったデザインは見ていて楽しいです。

  能面も同じ能面で少しづづ表情の違うものを比較して解説しているので、どういう能面が何を表わしているのかわかりやすく教えてくれました。能面も、一つ一つ能の物語の登場人物の情念が感じられ、般若や鬼の面などの実物を目の前にしてじっと見つめていると能面の凄みを感じます。

日本の伝統芸能に触れたという感じのする展覧会でした。

「能面と能装束」展覧会のホームページ

三井記念美術館・展覧会の券より

金魚好きのための!「アートアクアリウム2014」

 また今年の夏もやって来ました!  金魚好きのための展覧会「アートアクアリウム 2014」が、
東京・日本橋三井ホールで7月11日(金)から9月23日(火・祝日)まで開催されています。

  本当は金魚の展覧会ではなく、和をモチーフとした水中世界(アクアリウム)を、プロジェクションマッピングや光や映像を使った様々な演出で見せてくれる大仕掛けな展覧会です。もちろん私の大好きな金魚も沢山登場するので、毎年楽しみにしている展覧会です。
  展示されている金魚たちの入った巨大なボールは、これは家に一つあるといいなぁ、などと思いながら楽しんで来ました。

 今年は金魚を刺繍した日本刺繍の着物の展示もされています。京都の村山刺繍店が制作した着物です。村山刺繍店は、明治二十五年創業の京刺繍の染の工房です。デザインから染め、刺繍全てを工房で制作しています。

 夏のひと時、涼やかな水と和のアートを是非楽しんでみてください。

名古屋テレピアホールでも、8月8日(金)から10月8日(水)まで、「アートアクアリウム展・~名古屋金魚の雅~」が開催されています。

アートアクアリスム2014のホームページ

去年のブログ・(アートアクアリウム2013)

アートアクアリスム・チケットより

2014年7月20日日曜日

新しい楽しい元素周期表

以前ブログで、見ていて楽しい元素記号表 をご紹介しましたが、この元素記号表が新しく、更に楽しくなりました。イラストも解説も詳しくなりました。

楽しさもバージョンアップして、同時に理科年表の元素記号表のような詳しい情報も入っているので、これでもう元素記号表は完璧です。

この新しい元素記号表は、東京エレクトロンの元素記号表プレゼント でもらえます。
元素記号を勉強するお子さんがいる家庭でも、大人だけでも楽しく見られる元素記号表です。


世界一薄く輝く絹の、妖精のウェディングドレス

 去年の8月のブログの、薄くきらめく羽衣「フェアリー・フェザー」 の記事で福島県川俣町で作られた、透明感の素晴らしい世界一薄い羽衣のような絹地「フェアリーフェザー」をご紹介しました。
 
 去年は素材としての絹地のご紹介でしたが、今回は「東京ガールズコレクション」のショーでウェディング・ドレスとして完成したご紹介です。透き通るような光沢のある素敵なウェディングドレスの重さがなんと600gです! まさに妖精がまとう「フェアリーフェザー」です。

普通の絹糸の1/3、髪の毛の1/6の細さの極細糸を開発し、微妙な先染め織物にしてこの質感と光沢を出しています。
 川俣シルクは1,300年の歴史があるそうですが、新しい絹糸を作るために、伝統の上に新しい技術を日々研鑽して世界の最先端の絹糸を作る職人さんの仕事は、本当に嬉しくなります。
日本の絹糸の生産が大きく減ってしまっている中、一流のプロフェッショナルの技術で新しく世界を開拓している様子は、勇気づけられます。

フェアリーフェザーを開発した斎栄織物のホームページ はこちらです。

桂由美デザインのウェディングドレス
朝日新聞記事より
金川雄策氏撮影




2014年5月25日日曜日

超絶技巧! 明治工芸の粋 - これは本当に凄い!

三井記念美術館で4月19日~7月13日に「超絶技巧! 明治工芸の粋」が開催されています。
NHKの番組や朝日新聞でもとりあげられていますが、見に行って、まさに超絶!! 本当に精密な作品、とてつもない手間がかかった作品ばかりで、驚きの連続でした。

明治時代にはいって、高価な工芸作品を買う江戸時代の大名がいなくなり、最高峰の技術を持つ工芸作家や職人達が万国博覧会などを通じて海外に向けて作った作品が輸出され、当時海外で人気を博したそうです。そうした作品の中から選りすぐられた作品を、京都・清水三年坂美術館を主宰する、村田理如(まさゆき)氏の収集したコレクションから展示されています。

七宝工芸の「花文飾り壺」は、肉眼で見ても、とても七宝には見えませんでした。七宝の線が極端に細いために七宝に見えないのです。カタログを買ってきて拡大した写真を見てようやく七宝なのだとわかります。でも本当に驚くのはそうした工芸の技術だけではなく、素晴らしいデザイン力です。出品している工芸作家は芸術大学の前身の美術学校の先生になった方々がいらして、こうした作品を作る実力のある人に日本の芸術家が育てられたのだなぁ、と改めて思います。

「花文飾り壺」 三井記念美術館HPより
象牙で彫った竹の子は、竹の子の曲線にそった筋、くぼみ、汚れや細かい毛一本一本まで完璧に精緻に表現されており、どう見ても本物にしか見えません。

「竹の子、梅」三井記念美術館HPより

下の「孔雀図屏風」の屏風は、絵画ではなく、日本刺繍作品です。刺繍絵画は、紫外線や虫食いのダメージにより、残存数が非常に少ない工芸です。私もこれだけの種類の刺繍絵画をまとめて見たのは初めてです。NHKの「日曜美術館」で人間国宝の日本刺繍作家、福田喜重氏がこの孔雀図屏風を解説されていましたが、その技法も、かかった時間も、もの凄いものを感じる作品です。一つ一つの技法や感動を言葉にするよりも百聞を一見に如かずなので、日本刺繍を勉強される方は是非ご覧になることをお勧めします。

「孔雀図屏風」展覧会カタログより

これ以外の沢山の作品が出品されていて、どれもこれも驚くものばかりです。


三井記念美術館のホームページは http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/ はこちらです。


ちなみに、このホームページには山口晃さんがイラストで一つ一つの作品の特徴を面白く描いていますので、是非ご覧ください。以前山口晃展を見に行った時の私のブログはこちらです。

2014年5月11日日曜日

公募団体ベストセレクション美術2014

1年を通じていろいろな美術館やギャラリーで美術公募団体が主催する公募展が開催されています。

私も、好きな作家やあるいは知人が所属する団体の公募展に行きますが、特に紹介されなければ公募展に行く機会がありません。興味が無いというよりも、団体の数が多いうえに私の各団体に対する情報も少ないからです。

 この展覧会は、有力な27美術団体の「今年の一押し作家」を横断的に見ることができますし、作品も日本画、洋画、彫刻、工芸まで多岐にわたります。

 学生時代から足を運んでいる美術団体もありますが、今まで名前を聞いただけ、あるいは初めての団体もあります。ひとつ、ひとつの団体の公募展を見ることはできませんが、このような展覧会方式ならば、好きな作家を見つけられるかもしれない楽しみがあります。

  2013年から始まった新しい連携展です。

開催期間  5月27日(火)まで
場所: 東京都美術館

展覧会のホームページ

東京都美術館HPより

2014年5月4日日曜日

台北故宮博物院 神品至宝


中国清王朝までの長い歴史の間に所蔵された美術品の多くは、今は台湾の国立故宮博物館にあります。
いつか台湾に行って、中国の長い王朝の歴史の中で集められた、中国美術の粋を凝らした美術品を見てみたいと思っていました。ですが、なんと!! 故宮博物館の美術展が日本で初めて開催されることになりました。これは見逃せません!

特別展 「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」
場所  東京国立博物館平成館 特別展示室
期間  2014年6月24日(火) ~ 2014年9月15日(月)

場所  九州国立博物館
期間  10月7日~11月30日


展覧会ホームページはこちら

翠玉白菜(清時代)・東京国立博物館HPより

富士と桜と春の花

山種美術館が皇居のお堀沿いにあった時から、桜の時期に桜をテーマにした展覧会を見に行くのが楽しみでした。
広尾に移ってからも同じように開催されていますが、今年は富士山が世界文化遺産に登録されたことを記念して富士と桜の展覧会を開催しています。

「日本画にみる富士」「名所絵のなかの富士」「富士と桜と春の花」という3つの切り口で、作品を展示しています。古くから日本人に愛さる富士と桜をご堪能ください。

場所:    山種美術館
開催期間: 2014年3月11日(火)~5月11日(日)

「富士と桜と春の花」ホームページ


山種美術館・美術展案内より




2014年4月1日火曜日

博物館でお花見を

東京の桜も満開になりました。
桜の名所のひとつ上野もこれからしばらくの間、桜のお花見客でいっぱいになると思います。

そのような時期に合わせた展覧会が東京国立博物館で開催中です。
その名も「博物館でお花見を」です。
時代やジャンルを超えて桜をモチーフにした作品が多く展示されています。

日本画、屏風絵、工芸品、浮世絵、そして日本刺繍の着物等に美しい桜が満開になります。

ワークショップは3/29~4/6までの土日に無料で開催されています。
桜を表わした作品を基につくったオリジナルのぬり絵シートがもらえるので、それにぬり絵をすることができます。
「ぬり絵」というと子供の工作を想いうかべますが、何種類もあるシートのひとつが「袱紗萌黄襦子地桜樹孔雀模様」です。ポストカードとして購入したいくらいです。

また4月13日までは博物館北側の庭園が特別公開されます。上記の展覧会への入館料だけで庭園にも入園できるので、展開会と同時に楽しめます。

上の公園で有名なソメイヨシノだけでなく、10種類もの桜を見ることができる美しい花のそのです。

東京国立博物館のこの展覧会の案内はこちらです。

東京国立博物館ポスターより

2014年3月30日日曜日

東急渋谷店文化村「Bunkamura winter craft collection 2013」にお越しいただきありがとうございました。

とても遅くなってしまいましたが、Bunkamura winter craft collection 2013 にお越し頂きありがとうございました。
作品も皆様にいろいろお買い上げいただき、その際に日本刺繍についてお話できた楽しい機会でした。 出展作家の方々ともお話しができて貴重な体験ができました

東急渋谷文化村は大きな会場で、展示スペースも広く、準備や可片付け等が時間が思っていたよりもずっとかかりました。

初夏には松戸・ギャラリー逢花の展示会もあり、今年も頑張りたいと思います。

文化村出展全体